NEW!
Before & After photo で違いを実感しませんか?





画像の説明

股関節の痛みが!杖がなければ歩けなかったのに!


  ひだまり猫 さん  60代

昨年10月、何日か違和感のあった左の股関節が痛み出し、歩けなくなりました。朝から用事で出かけましたが、徐々に痛みが増し、帰宅時には痛みで歩けず、夫に駅まで迎えに来てもらうようでした。
腰痛の経験はありますが、股関節の痛みは半端ではなく、生活の質を全く変えるものでした。
すぐに先生にメールを入れ、翌日整体をしてもらいました。パーキングから施術所まで、杖を使わなければ歩けない状態です。
翌日にはまだ痛みましたが、徐々に痛みが和らぎ、3日目には正常にもどり、痛みがなくなりました。その3日後には、予定通り白馬への旅行に出かけ、栂池高原の散歩を楽しめるまで回復しました。
先生には感謝の気持ちで一杯です。

私からのコメント
 股関節は身体の中で一番大きな関節です。いろんな方向に動くので、たくさんの筋肉が関わっています。
 極端な説明になりますが、1方向の動きでは、伸びると縮むの2つの関節が必要です。肘を例にとると、肘を挟んで上下の骨に渡る筋肉が2本ということです。股関節は左右前後だけでなく、内旋外旋までありますので、うまく動かそうとするとどれだけたくさんの筋肉が関わる事になるでしょう?
 しかも筋肉が繋がる先(起始、停止と言います)が、大腿骨や脛骨腓骨から骨盤へ、また骨盤内を通って腰椎にまで繋がっているのです。腰椎や骨盤が狂うのは股関節から来ていることが多く、また膝の痛みはほぼ股関節に問題を抱えています。私の中では腰も股関節も「一つの関節」として捉えて身体を診ています。
 股関節は私自身も苦しんだ箇所で、かなり追求し研究をし、独自の施術方法も確立しております。多くの方にご満足いただいておりますので、股関節に不調をお持ちの方にはぜひお試し頂ければと思います。



画像の説明

身体の使い方がわかってきました!

  M.T さん  10代

私はバレエとダンスをやっていて、今年は2つの発表会が重なり、「これは身体がもたないだろう」と思い、日比先生の所へ通う様になりました。
 先生に教えてもらった体操や正しい立ち方などを常に意識していたら、足がパンパンになることがなくなり、前回の発表会の稽古よりも、身体に負担をかけずに稽古に取り組むことができました。
 私の悩みだった足の外側の筋肉もおちてきました。少しずつですが、自分の身体の使い方が分かってきたと思います。

私からのコメント
Mちゃんは、バレエやダンスの練習で上手くいかないことがあるといらっしゃいます。発表会の前にもいらっしゃいます。身体の悩みや質問の内容から、身体の感性がとても高い方だとびっくりしています。
 先日は、背中を反らせるポーズをすると、上手く反れない感じがするし、 背中が痛くなるとの質問でした。
 普通は、痛くてもがんばってしまうものですが、彼女は「何かちがう!」と思ったのでしょうね。
「綺麗な背骨の反り」では確かに痛みは伴いません。身体を観察すると、腰椎、特に5番が硬くなっていました。これによって腰椎からの(3番を中心とする)反りができず、胸椎10番を中心に急な角度で曲げなければならず、うまく反りができないばかりでなく、ここにかなりな力(負担)がかかっていたのです。また、腰椎5番が硬いということは、骨盤が自由に動かないということですから、ショックの吸収もできず、動きの力の支点も胸椎10~12番になり、負担がかかり痛みがでるのです。
 ちなみに腰椎5番は膀胱、胸椎10番は腎臓と関係しているので、早めに解決しておきたい問題ですね。
 施術が終わって、Mちゃんは反りがうまく出来ることと痛みが出ないことを確認。身体の変化が分かるのも感性の高さです。



画像の説明

定期的なメンテナンスがおすすめ!

  のり さん  40代

私は定期的に整体とフェイスをお願いしています。
自分が痛みを感じている反対側が原因だったりして、毎回、驚いています。
フェイスは眼の疲れやむくみが取れる感じで気に入ってお願いしています。
施術後には、自分に合ったアドバイス(体操や気をつける姿勢のとり方など)をしてもらえるので、次の施術までは自分でケアできます。
年齢的にもメンテナンスが必要なので助かっています。

私からのコメント
身体の右側が不調に感じても、その原因が反対側、ということはよくあります。実際、硬くて痛みのあるところをいくら調節しても、身体が変わらないのです。

身体の各パーツが、お互いかばいあってつじつまを合わせるということは、それだけ「のりしろ」があるということですが、やはりそのことに早く気づいてあげることが重要です。
なぜなら、そこは、「本来の働きでない」「無理なこと」をしているからです。これは誰でも行っていることで、
いかに「つけ」を貯め込まないかが、元気の秘訣、若さを保つ秘訣といえます。

彼女は定期的なメンテナンスをしているので、身体とのコンタクト(身体からの訴えを聞ける感性)ができ、不調を早めに察知できるのです。
その方のお身体にもよりますが、月1回程度のチェックを兼ねたメンテナンスがお薦めです。



Miss.N

腰の痛さと背中の張りが息苦しい

   M . N さん   30歳

症状が出たのは、昨年の3月頃です。
生後4ヶ月になる娘の授乳を終えた後、
突然背中が張るように痛み、息苦しくなりました。
しばらくすると、元に戻ったので、そのまま放っておいたのですが、
それから何度も同じ症状に悩まされました。

スタジオ「メイシェンティ」(現 整体SILK)の事は
インターネットでホームページを見つけて気になっていました。
思いきって電話をかけたのが、昨年の12月になります。

先生に身体のチェックをしていただき、
初めに指摘を受けたのは、
腰椎の一部が出てしまっているということでした。

実際に自分で触ってみて、腰椎がデコボコになっているのには驚きました。
また、時々起こる背中の張り、息苦しさは
肋骨が原因だという事も分かりました。

日比先生の施術は、他で受けた整体と違い、
少しずつ丁寧に身体をほぐし、動かして下さっている感じです。

施術2回目で、背中のつらい張りがなくなり、
息苦しくなることもなくなりました。

4,5回目くらいに、
「出ていたはずの腰椎が引っ込んでいる」
と先生に言われた時には本当にびっくりしました。

この頃には、夜、仰向けで寝られるようになっていました。
(それまでは腰が痛くてとても無理でした。)

また、だんだんと腰の使い方が分かってきて、
毎回教えていただいている体操も出来るのが増えてきました。

そのおかげで、身体の状態が悪化しなくてすむだけでなく、
施術に通うのも楽しみになりました。

こちらに通い始めて丸5ヶ月になります。
今は3週間から1ヶ月に1回のペースでお世話になっています。
施術の次の日は、身体が整頓された感じで、立っているのがとても楽です。

これからもこちらにお世話になりながら、
身体の使い方を再確認し、
筋力をつけ、子育てに疲れない身体を作っていきたいと思います。

私からのコメント
Nさんが初めていらした時、腰痛体操(普通は腰が伸びて気持ちよくなる体操)が、痛くて痛くて、とても出来なかったことを覚えています。
お小さい頃から、仙骨から尾骨が曲がって凸していて、何をするにも痛かったのでしょう、
どこかを動かすたび、肩や首に力を入れてしまう癖もありました。
とても「おうちで体操をやってきてね」と言える状態ではありませんでした。
4~5回目でしょうか。身体の変化とともに、すんなり肩から力を抜いて体操が出来るようになり、こちらがびっくりしたほどです。

仙骨尾骨の、ここまでの曲がりを治すことは、残念ながら難しいのですが、印象程度までなら変えられます。
腰の動きを良くすることで、仙骨周辺がゆるみ、骨盤が上がり(ヒップアップして)、大殿筋もふっくらしてくるので、仙骨尾骨の当たりが和らげられます。(=仰向けでも寝られる。)
この状態では、もう腰は「入って」います。
「出ていた腰椎」というのは背骨のアーチがなかったためです。
身体は、首(頸椎)から胸椎腰椎、仙骨尾骨まで緩やかなS字(正確には2カ所凹んでいる)を描いて、バネの役目をし、力を出したり、ショックを受け止めたりします。骨盤が動くようになったということは、腰の部分にアーチができたということです。

あまり注目されず、話題にされないのが肋骨の硬さです。
硬い肋骨はあらゆる事を引き起こす可能性があるので、
私はとても重視しています。

胸が痛くなる、息苦しい、心臓(のあたり)が痛い、咳が出る…

そのまま放っておくと、症状が進み、内臓を壊し、
病名が付くような本当の疾患になっていきます。

不眠、いらいら、不安、落ち込み、発想の低下…

肋骨の硬さは、精神的なものにも影響を与えます。
他にも、あごの違和感、耳鳴り、頭痛、腕の痛み(40肩含む)などの原因にもなります。


Mrs.T

20年以上手放せなかった偏頭痛の薬が!

  N.Tさん 40代

先生と初めてお会いしたのは、3年半前になります。
仕事中、床に座ってミーティングをしていて、
立ち上がろうとしたら、腰に突然の痛みが走り、
その後腰には全く力が入らず、
身動き出来ない状態になってしまいました。

以前から友人に日比先生の事を聞いていたので、
ダメ元で電話を入れると、
お忙しい中、時間を作ってくださり、
すぐに来て下さりました。

その日の午後は息子の高校受験の説明会も控えていたので、
「なんとか歩けるようにして欲しい」とお願いしました。

1時間の施術を終えると、
「あれあれあれ~・」
立つことも、歩くこともできました。

その日から定期的に施術を繰り返しているうちに、
な、なんと!
20年間くらい毎日偏頭痛に悩まされ、
お守り代わりに毎日服用していた鎮痛剤を、
全く飲まないで済むように…

つまり、2回目の施術から、
20年間もの間続いていた頭痛まで消えてしまいました。
なんだかとても不思議な感じがしました。

先生の「手」は「魔法の手」で、
全身どこでも不具合のある場所に自然と「手」が行き、
そこに繋がる部分を押さえながら、時間が過ぎると、
スッキリ軽くなる感覚はたまりません。

私自身も、今では、施術後、なんとなく3週間~1ヶ月くらいの周期で、
身体の何かが崩れてきたな…と感じるようになってきて、
予約した施術の日を楽しみにしています。

私からのコメント
ぎっくり腰はじめ、急に動けなくなる症状は
ほとんどの場合、1回の施術で動けるようになります。
しかし、突然なったように思われがちですが、
日頃の疲労が蓄積して、限界に来て起きる現象ですから、
その後はしっかり原因を治しておく必要があります。
ぎっくり腰は「癖になる」、といいますが、
腰がそのままの状態なので「繰り返す」だけのことなのです。

Tさんも日頃のお仕事で、かなり疲労されていたようです。
はじめは整体の刺激が、感じられないほどに麻痺された状態でした。
あまりつらい状態が続くと、身体は痛みを感じなくするようです。
身体からのサイン(痛み)が聞けなくなると、
つい無理をしてしまい、
突然身体からストップがかかります。
それがぎっくり腰なのでしょうね。
Tさんは、施術を続けるうちに筋肉が弾力を取り戻し、
今では感じる状態になってきました。

頭痛についてですが、
腕の使いすぎから肩甲骨(の位置)が狂い、
僧帽筋が緊張して、頭蓋骨を引っ張ることから起きるようです。
頭の表皮が痛くなったり、
頭蓋骨が(微妙ですが)歪む事で、中が痛く感じたり…
と頭痛の感じ方、現れ方は様々です。
肩甲骨が狂わないようにするには、
やはり腰がしっかりして、よい姿勢が保てる状態であることが重要です。


Mrs.H

食卓がバラ色に!!

  タマさん  40代

頭痛、肩こり、腰痛…冷え性の悪化…若年性更年期???と、自分の体をどうして良いのか困っていました。
マッサージ・鍼灸などいろいろ試しましたが、三日ほどで元に戻ってしまい、私の未来は暗い…と悩んでいました。

知人の方に久しぶりに会った時に、見た目が明らかに違う…体も楽しそう…「ヨガ整体に行っているのよ」とは聞いていましたが、ナンだろうこの違い…と本当にビックリ!!
すぐに「紹介してください!!」とたのんだのが日比先生との出会いでした。

どんなことするのだろう…とドキドキでしたが、ソフトタッチなのに効き目を感じる先生の手!!
そして治療を受けてから冷え性がかなり楽になりました。
長年苦しんでいた右肩甲骨のコリ…久々に痛みがない!!!!
苦しくなるからなるべく右手は使いたくない…包丁持ちたくない…と思っていた私が、
痛みのない生活でご飯作りが楽しくなり、食卓が以前より少し豊かになり、家族も大満足です。

若年性更年期?と悩んでいましたが、骨盤の歪みを治してもらってから、生理痛が楽になり、更年期?と思う症状もなくなりました。!!!!!

治療の度に教えてもらう体操も、行くたびに増えるのでそれもちょっと楽しみです。

体が楽だと気持ちも前向きになり、何をするにも“苦”ではなく“楽しい”になってきました。

まだまだ長年の体の歪みで先生にお世話になるところがたくさんありますが、心も身体もも元気に生活できるように、これからもお世話になりたいと思っています。先生よろしくお願いします!!

私からのコメント
彼女にこれほどたくさん不調があるとは知りませんでしたが、確かに身体が悪いと、「やる気が起こらない」「つらくて動きたくない」ですね。
「先生、食卓がバラ色になりました!!」と言われ、はじめは何の事やらわかりませんでした。

身体が変わるには、施術の技術はもちろんですが、本人の感性や性格も大きな要因になるのではないかと最近感じています。

「なんか動きが楽になった!」「痛みの質が変わった!」など、…ような気がする、程度の小さな変化でも感じる感性を持っている方は、物事をポジティブにとらえ、身体との対話もスムーズになり、改善のスピードも速いような気がします。

「まだあれが…」「まだ痛みが…」と、悪い方ばかり見ていると、小さな変化を見逃し、案外身体は変わらないものです。変わっても、本人は不満足状態。せっかくの身体からのサイン(痛みやかゆみが移動するなど変わり始めた変化)にも苛立つばかり。
やはり健康は、心と身体が一緒でないと…と思います。

原因が古いものほど、良い、悪いを繰り返し、螺旋状に良くなっていくので、ひとっ飛びには快調にはならない場合が多いです。
そんな場合でも身体とコミュニケートが出来ていると、大騒ぎをせず、スムーズに過ごせるようです。

身体からのサインを無視したり、見逃して、長い時間をかけてなった症状は、やはりある程度時間が必要だということは、理解してほしいところです。

彼女は東洋医学に興味があるようで、身体のしくみや症状についていろいろと質問されてきますが、そんな彼女との会話もまた楽しみのひとつです。


Mrs.S

変形性膝関節症でした

  Y.Sさん  60代

私は60代前半のかなり太目な専業主婦です。
50代で腰痛持ちになったものの、それ以外は、持病もなく、
特に体に良いことをするでもなく、ヘラヘラと過ごし、
そろそろ60代になろうという時に、突然のヒザ痛!

変形性ヒザ関節症でした…。

なってみて、何が大変って、
ヒザが90度以上曲がらない上、
ヒザを着くことも出来ないので、靴を履く、洗濯物をたたむ、タンスを開ける、下のものが落ちて拾う、階段の上がり下がり…
今まで何気なく生活していた全ての動作に支障をきたすことになりました。

そんな時、知り合いが通っている日比先生の整体に通い出して、はや一年半。
「痛い」を連発しながらも矯正してもらいながら、気がつけば痛みは軽減し、
まだ正座は出来ないものの、かなり曲げることも可能になり、
それにつれてヒザをついても平気、痛くない… (⌒▽⌒)
とはいえ、私の体の使い方はかなり片寄っていたみたいで
体中のあちこちが変!?らしく、施術の度、
あっちもこっちも痛みのつぼが…(^ ^。)
でもそうしながら軽やかに生活出来るようになるまで
がんばって通わねば…と思っています。

私からのコメント
はじめてみえた時、うつ伏せになってもらうと、背中や腰の左右の高さがかなりちがって、転げそうなほど傾いていました。これではお辛いでしょう、と声をかけると、ご本人には全く自覚がなかったようです。自分の身体ってけっこうわからないものなのです。

腫れて大きくなっていた方がオーバーワークしていた部分で、疲労を取りながら、腰が上手く使える身体にしていきました。膝への直接の施術はしていません。

初期
現在

←はじめはこの体勢しかできませんでしたので、不便だったそうです。
施術数回後、膝が着けるようになって、「お風呂が楽」だとおっしゃていました。

もう膝は曲がらないと言われたそうですが、ずいぶん変わられましたね。→

ところで整体は痛いですか?と聞かれますが、この答えは難しいところです。

骨の位置が異常になっていると、まわりの関係する筋肉が硬直していたり、弛緩していて、
触ったり、動かす(動かそうとする)と痛いです。流れができてしまえば、感じは変わります。
また硬結という、流れをせき止めている原因部分も、とらえると痛さを感じますが、
ずーんとしたような、またはどこかに響くような痛さです。
ガリガリ、ボリボリするなど筋肉の状態を無視したやり方ではないので、その違いは受けて頂くとおわかりになると思います。


Mrs.N

ぼろぼろの体でした

  くるみのママさん  50代

いつも先生にはお世話になっております。
先生に整体をしていただいて、8ヶ月が過ぎました。はじめて治療を受けた時、「どこから手をつけていいのかわからないなぁ」とか
「もつれた糸を少しずつほどいていくように治療していきましょう」とか言われる程、ぼろぼろの体の状態でした。
今まで、色々なところで治療を受けてきましたが、根本的に良くなるということはなく、
あきらめかけていた時、日比先生と出会い、自分の体が少しずつ理解できてきて、自分の体に変化があらわれ、すごく嬉しかったです。
これからも治療を続けていき、少しずつ人並みの体になっていくのが楽しみです。
日比先生は私にとって「お守り」みたいな存在です。
これからもよろしくお願い致します。

私からのコメント
ご本人が「腿に鉄板が入っているようだ」とおっしゃるほど、
身体全体の筋肉が硬直しきっていて、伸ばせば痛くて体操どころではない、
ぱんぱんで骨の観察もままならない、という状態でした。
相当がんばって、我慢し続けてきたのでしょうか?
本当にどこから手をつけようかという状況でしたので、よくここまで…と私もうれしいです。
とはいえ、原因がすぐに解決されるわけではなかったので、
頭痛や腰の痛みなど、苦しい時期も長かったと思います。

肩の盛り上がりを気にされていたようでしたが、これは肩甲骨がほとんど前に行くほど肩関節が巻いていたためです。
現在はかなり戻ったので、肩から背中にかけてだいぶすっきりした感じになってきました。

こういう変化は「後ろ側」の印象が顕著なようで、
お友達から「すごく変わった!」と言われたそうです。
先日、「ズボンのサイズもひとつ小さくなりました。」とおっしゃっていました。


Mr.H

治らないと言われた膝が!

  NEKOSOGIさん  50代

いつの頃からか、右股関節がひっかかるようになり、
左膝が痛くなってきた。
膝関節の内側に、軟骨?のようなものが出っぱってきて、
曲げるとそこが痛む。
整形外科や接骨院へも行ったが、
「レントゲンには何も出ていない」
「加齢によるものだから、膝の周囲の筋力を上げるしかない」
など、触りもしないで、あきらめろと言わんばかりの説明しかなかった。
整体を受けた時、それほど期待はしていなかったが、
「膝ではなく、腰に原因がある」と言われ、
それまでそんなことを言われたことがなかったので驚いたが、
翌日、心なしか例の出っ張りが引っ込み、
膝の痛みが引いていたのにはびっくりした。
これはスゴイ、と思い、教えてもらった体操を毎日やった。
しかし、良くなったと思ってサボると、また元に戻るようで、
再び整体をお願いし、以降、腰を意識して生活するようにしている。
膝はそれ以降、痛みを感じることはない。

私からのコメント
くるぶしまわりなど、ぶよっとした腫れができますが、
足首や手首などの関節で負担がかかってくると、
水や、脂肪のようなものが溜まったり、あるいは骨が出てきます。
クッションの役目でもするのでしょうか?
膝の場合、あまり例を見たことがなく、
しかも「骨の変形」は変えられないと言われていましたから、
正直自信はありませんでした。

2回目の施術後は、骨が引っ込むのに3~4日かかりました。
捻挫や急な腰痛など、一回の施術で治ってしまと
そのことを大切にしないで、過剰に動いたり、無理をして、再び痛められる方がいらっしゃいます。
そうすると今度は一度ではいきません。
私達は「身体への裏切り」と呼んでいるのですが、まさに心と身体は一体なんだな、と感じます。

実は彼は夫なのですが、井本先生でも「身内は治療が難しい」と言われるほど。冷静な(冷ややかな?)目で成長過程を見られていますから、当時は照れもあって、とてもやりにくいものでした。


Miss S

美容におすすめ!

  Y.S さん  30代

施術して頂いた後、身体の軸がまっすぐになったなあ、感じられるのと同時に、バストアップとヒップアップの効果もかなり感じられます!

私からのコメント
モデルさんのような彼女ですが、上胸部の力がちょっと弱く、胸椎の11,12番で反るタイプです。
若い方に多いのですが、姿勢が良さそうに見えるけれど、うまく腰のバネが使えず、
身体は柔らかいのですが、芯(中心)に力がなく、支える力が足りなくて、肩こりや頭痛を起こしやすいのです。
でもお若いので、筋肉に弾力があり、いつも一回の施術でかなり変わられます。
きちんと芯(中心)に力が入って、すごく姿勢が良くなり、見るからにヒップアップ、バストアップした美しい姿になります。


Mrs K

顔も洗えないほどの腰痛でした

  K.Fさん  60代

高校の時起こしたぎっくり腰以来、腰の不調は年代ごとに「腰痛」として私を苦しませてきました。
あげく50代で、椎間板ヘルニアで入院した後は、将来車いすにお世話になるだろう、と覚悟した私です。
5年前に先生の整体、ヨガと出会い、次のように元気になりつつあります。
・左足首に水(?)がたまり、膨らんでいたのが取れた。
・前屈動作が、ギクッ!! ときそうで、できなかった。
(朝、顔を洗う時も「つらい」と、タオルで顔を拭くだけにしたり、
物を拾うためかがむと、腰が重くなるので、自前の道具を作ってそれで拾った。
・和式トイレがかがめない。できても立つ時、水道のパイプにつかまって立ったりしていた。
(現在でも和式トイレは苦手だけれど、だいぶん改善された。)
・30分くらい歩くと腰が重くなって、横になったり、休みたくなっていたのが、長時間は無理だが、歩くのが楽になった。
・状態が良くなったお陰で、26年ぶりに去年、主人の実家(鹿児島)に帰ることができました。

私からのコメント
こちらがビックリするほど、本当に変わられました!
横を向くのもこわい、手足を伸ばすこともこわい、という状態でしたから、
最初はヨガ教室への参加は無理でした。
整体セラピーとの組み合わせて回復なさったのですが、
ご本人の努力もかなりあったと思います。

足首まわりのぶよぶよは、毎日欠かさずケアーをされ、
今ではほっそりした美しい足首で、若い方からも注目されているほどです。(足首で、若さを感じるものなのですねぇ。)
姿勢も、腰が悪いと背中が丸くなり、首が前に突き出ていましたが(いわゆる「あごを出す」)、
今は肩の上に頭が乗り、首元もすっきりなさっています。

長年の「蓄積」があるので、必ずしも一筋縄ではいきませんでしたが、
楽しいことがいろいろできるようになって良かったです。